タイトルイメージ 本文へジャンプ









 
責任者になってもルート営業が基本
私は今、大宮支店の責任者という立場に立っていますが、基本となっているのはルート営業で培った経験です。
ルート営業の仕事は自販機の管理だけでなく、既存のお客様の声を聞いたり、新規設置の営業をしたり、自販機に関する全体的な流れを身につけられます。
お客様の細かなニーズの変化を感じ取り、より良いサービスを提供していくことが必要とされています。それを最も実践・経験できるのがルート営業という仕事だと思います。
私も入社時は1ルート営業から出発しました。
支店長になってからはメーカー商談や支店全体の運営に携わる業務が多くなりましたが、今でも大切に心掛けていることは、商品をお届けするお客様の声に耳を傾けることです。
私は入社してからルート営業の経験を積めて来れたことがとても良かったと実感しています。
 

   
1ルート営業から現場の責任者へ
コスモフーズは積極的にチャレンジする人をより評価する会社です。
入社歴が浅くても仕事に対してチャレンジし、実績をあげた分だけ正当に評価してくれます。 私も最初は1ルート営業からスタートし、スタッフ → 主任 → 係長 → 支店長と、実績と経験を重ねながら自らが望むキャリアを構築してきました。
少しずつキャリアアップしていくにつれ、支店運営に携わる業務を行っていくようになります。自分の働きが支店や会社全体の収益貢献につながっていくことが実感でき、それが働きがいにつながります。 20人以上の社員を率いる支店の責任者として、自らが定めた方向性で支店の目標が達成出来るかどうかが決まるというプレッシャーもありますが、会社からとても重要なポジションを任されていることが、今の私のやりがいとなっています。



 
すべての基本は「お客様との対話」にあり
私たちが仕事をする上で、一番の資産は「人」です。人として、感謝の心や謙虚な気持ちをもってお客様と真摯に向き合い、当たり前のことをきちんと行うことが本当のプロだと思っています。
そのためにはお客様から正確にニーズを引き出し、最良のプランを提案するためにコミュニケーションが不可欠です。
私は管理職になった今も、日々の仕事の原点はルートの現場にあると思っています。現場のルート営業との日々のコミュニケーションを通じて、お客様の声を拾い上げ、さらなるお客様満足度向上に努めております。
昨今の飲料業界は増税やコンビニ、ドラッグストアの台頭により、サービスにおいては今後難しい局面を迎える可能性もあります。そのような状況でも成果を出すためには、いつでも社員一人ひとりが人間力の向上に取り組んでいく必要があります。常にどこよりも早く、高品質の商品とサービスを提供し、さらにお客様に喜んでいただける企業を目指していきます。
 
   
喜怒哀楽を共にしつつ、
部下たちと新規開拓していく面白さ
大口案件を受注し打ち合わせを行ったり、 滞りなく設置業務が完了したときや、日々完了していく仕事の数々を「自分たちの手で積み上げた実績」として共有化することが、モチベーションアップの秘訣だと考えています。
毎週行っている営業ミーティングでは受注状況や目標の確認、進捗状況の掲示などを行う他、各営業マンの業務状況を細かく相談し合う体制づくりを行っています。 達成感をチーム全員で受け止めることによって一体感が生まれると、それぞれが自分の仕事に責任を持つことができます。そしてそこから得た喜びと反省点を共有することにより、また次の仕事へのチャレンジ精神が育っていくと実感しております。



 
お客様に「満足」を届ける自販機づくり
私は今、大阪支店のルート営業主任として、約150台ほどの自販機の管理業務をしています。この仕事のやりがいは、「自身の創意工夫によって売上が大きく変化するところ」です。
1台の自販機に対してただ商品を補充するだけでなく、「このロケーションはどの商品が売れるだろう? ここのお客様のニーズは何だろう?」と、お客様に「満足」を届けることを考えながら自販機づくりをすることはとても楽しいです。
自分の読みがうまく当たり、実際の売上が伸びたときの喜びは他ではなかなか得ることはできません。また、ルート営業の仕事は一人でモクモクと作業をするというイメージが強いかもしれませんが、実際はお客様とコミュニケーションを重ねながら1台の自販機づくりをしていきます。
お客様のご要望を通してニーズをつかみ、それが売上アップへとつながり、自身の成長や実績に直結してくるのがおもしろみです。
 
   
より高い目標を持っている人には最適な職場
私がコスモフーズに入社して感じたことは、職場の人間関係がとても良好だということです。 社員の皆さんが家族のように温かく、職位に関係なく分け隔てなく接してくれるので、安心して働くことができています。良好な職場環境だからこそ社員の「やるぞ感」は強く、目標に向かってひとつとなって進んでいく企業風土があります。
また、コスモフーズはがんばった分だけキャリアアップを目指すことができます。入社してからきちんと実績を積み重ねていけば上司から信頼され、より良いロケーションを任されます。 私は入社3年目で実績が評価され役職の立場を頂きました。
当社は若手の教育や研修にも力を入れており、私もルート営業主任という立場になってから、毎月行われる全国ルート責任者会議や、定期的に開催される役職者向けの研修にも参加しています。 自身の次のキャリアとして、係長・支店長・・・などを見据えて仕事に取り組むことで、モチベーションアップにもつながります。より高い目標を持っている人には最適な職場です。






 
「教育」を変えることで会社の未来を変えていける

私は昨年発足された製造部生産技術グループという部署に所属し、調合担当の仕事を手伝いながら手順書の作成などを行っています。調合の製造現場では原料の投入作業、製品の仕上げや殺菌工程の管理など中身液に関わる全般を担当しています。
手順書の作成において、誰が読んでも分かりやすいものになるよう写真を多く取り入れるなど、現場のことを第一に考えて作業者が仕事をしやすい環境づくりに励んでいます。
 
   
私は以前現場で使用する帳票の電子化にチャレンジしたことがあります。
結果的には、大きな課題にぶつかり実施を見送ることになりましたが、今でもその目標はあきらめていません。課題の解決に向けて試行錯誤を重ねている途中です。
また、調合設備の自動化にも関わらせてもらっています。人が関わる作業にはどうしてもミスがつきものです。それを自動化することで改善していこうと動いています。 自分次第で色々なことにチャレンジさせてもらえるのでやりがいを感じます。
 

若手社員数名で教育チームを作り、工場の教育プログラムをより良くしていこうと取り組んでいます。過去のトラブルを参考に対処の仕方や考え方をまとめたり、製造に必要な知識を学べるようにしたり新しく入ってくる人たちが成長していける仕組みづくりを行っています。
「教育」を変えることで会社の未来を変えていけると考え、実行しているところがコスモフーズの良いところだと思います。
 



 
経験や知識を得る喜び

私の担当する包装の工程は、中身液を充填したボトルにラベルを巻き、賞味期限を印字してケースに詰める作業を行っています。
包装が製造ラインの最終工程なので、ここで店頭や自販機に並ぶ「ソフトドリンク」が完成します。そのため、数々の検査機を通して中身液が少なくないか、ラベルが正しく装着されているかなど製品に問題が無いことを確認することも大事な役目です。
私はこの部署で機械オペレーターという、機械を調整・管理する仕事を手掛けています。
 
   
包装工程は扱う機械が多いので全てを覚えるのは大変ですが、だからこその面白みがあります。
経験の浅いうちは先輩の手を借りなければできなかった機械の調整が、一人でできるようになるたびに大きな達成感があります。また、扱える機械が増えることで機械トラブルの対策や対処が可能になります。自分の成長によって、製造ラインがよりスムーズに流れるようになるので、経験や知識を得る喜びを感じやすい点がこの部署の魅力です。
 

工場が所在する埼玉県神川町は美しい水と緑があふれる自然豊かな町です。私は幼い頃からこの地域で育ってきたため、この町ならではのリフレッシュ法には誰よりも詳しい自信があります。近くにはいくつか温泉があり、ときどき仕事終わりに浸かりに行きます。風呂上りにマッサージまで受ければ極上の気分です。夏の暑い日には、夜勤明けの朝から同僚たちと川に遊びにいったりもします。
上手にリフレッシュすることで仕事にも活力が湧くので、働くうえでも適した場所だと思います。
 



 
立場に関わらず社員の意見に
耳を傾けてもらえる会社


品質保証課は、工場から出荷される製品の品質を保証する部署です。安心・安全なお客様の要求に沿った製品を提供するために、製造工程のライン確認、製品の理化学分析、官能検査や微生物検査などを行っています。私の担当としては、分析結果のデータ入力や、社内教育訓練として月に1回実施される官能訓練用のサンプル作成をしています。
品質保証課の仕事は、製造工程で問題が起きたときの異変に気づく事が大切なので、小さな変化も見逃さないよう気を配りながら作業をするように心掛けています。
 
   
ライン確認時に包装工程のチェックをしたところ、ケースが少し歪んで成形されてしまっていたのを発見し、包装担当者に報告しました。私は直接問題の対処ができませんが、後で包装担当の方に「最小限の成形不良で済みました、ありがとうございました。」と言ってもらえた事はとても嬉しく感じましたし、この仕事に責任感を持って取り組んできて良かったと思いました。
 

コスモフーズでは定期的に女性だけで意見を交換する女性会議を行い、その会議で出た意見や改善提案をもとに女性が働きやすい環境作りを進めています。
また、上長に微生物検査についての教育を受けたいと希望したところ、すぐに座学の時間を取って もらえたりと、立場に関わらず社員の意見に耳を傾けてもらえる会社だと思います。